EFOはどんな概念?

インターネットでいろんなサービスを始める際に個人情報や必要事項を入力することも多く、その内容が多ければ多いほど面倒に感じることもあるでしょう。
本来そのサービスに興味があったのに、入力の面倒さからサービス自体への興ざめを引き起こすことも珍しくないのです。

このようなケースはインタネットサービスの増加によって近年非常に急増していますので、サービスを提供する側としては売上を作るチャンスを大きく逸してしまうでしょう。
このような事態を打開するために、最近ではEFOと呼ばれる概念が生まれています。
EFOは入力フォームの最適化を意味していまして、現在は如何にストレスなく顧客に応募フォームへ入力を完成させてもらうかがビジネスチャンスの大きな一歩と考えられるようになっているのです。

このEFOの考えにはシンプル入力と言う考えもありますが、実は入力したデータがなかなか送信されないという通信上の脆弱さカバーするという面も含まれています。
よって、同じ内容を複数回打っても送信エラーが出るようではサービス利用以前の問題になるでしょう。

また、入力自体にストレスを感じにくい方でも、その3割から4割ほどは結果的に入力を止めてしまう傾向もあるという統計もあるとされます。
これは如何に多くのサービスで情報入力量が多いかということを意味し、元々入力自体に抵抗のある新規顧客に関してはスルーされる確率が大変高いということを示しています。
ここではEFOを具体的に見て行きますよ。